良質な睡眠は全てのベース。最新の技術が詰まったメーカーを選んでください。

床に布団を敷いておられて腰痛にお悩みですか?

布団,腰痛,マットレス,床,畳,フローリング

フローリングや畳、カーペットに直接布団を敷いて寝ているって人って多いと思います。お悩みは腰の痛みという方も。

 

最先端の技術が詰まったマットレスの導入をぜひご検討ください。現在人気の高い当サイトおすすめの製品をご案内しますね。

 

最後に“布団と腰痛”に関する色んな人の口コミ情報も掲載しています。ぜひ併せてご覧になってみてください。

 

 

やっぱり第一に睡眠です。

 

何はともあれ睡眠ってほんと大事ですよね。

 

全ての生活活動のベース。

 

夜ぐっすり寝て、前日の疲れを取って、朝すっきり起きることができればこんなに快適なことはありません。

仕事

体調は精神面にも影響します。

 

毎日の快眠が習慣になれば、仕事にも人間関係にもプラスに働くことはいうまでもありません。

 

夜眠りが浅かったり、体が痛かったりすると、日中も体がだるかったり、元気が出ませんしね。

 

 

腰の痛みでお悩みなら

 

そんな大切な毎日の睡眠。

 

夜寝る時、ベッド派の人、布団派の人。両方いらっしゃいますよね。

 

お好みや子供の頃からの習慣、またスペース的な関係で布団で寝ているという人もいらっしゃるかと思います。

 

睡眠時のお悩みにも色々ありますが、腰痛はその代表的な症状の一つ。

 

そしてどちらかといえば、床で寝ている人に多い症状です。

 

フローリングや畳といった床に直接、敷布団を敷いて寝るのを習慣にしているとどうしてもその固さが体に負担をかけるものであったりします。

 

ひどい人なら痛みで夜中に目が覚めたり。朝しばらくの間、立つのも困難だったり。

 

 

敷布団の上に機能性の高いマットレスを

 

主な解決策は、敷布団に合わせてマットレスを敷くことです。

 

布団は硬すぎても、柔らかすぎても良くありません。

 

望ましいのは、体圧を分散してくれて、できる限り体に負担がかからないように、優しくそれでいてしっかりと支えてくれるマットレスです。

 

今は各種メーカーが最新の技術を投入して開発された製品が色々と販売されています。

 

睡眠に関わる悩みを抱える人が多いことを物語っていますよね。

 

コンディショニングに細心の意識を向ける必要のある一流のプロスポーツ選手が愛用している高機能な製品も同じものを使うことができます。

 

 

今注目。最先端マットレスを活用してお仕事も人間関係も良好に。

 

1830個の点で体圧を分散。極上の寝心地へ。

エアキューブ

 

睡眠不足、腰痛、肩こりに。1830個を超える点で眠りを深化させる高反発マットレス。その名の通り独自の3D特殊キューブカットで、体圧を分散、血行を妨げず、自然な寝姿勢、至福の寝心地へ。

 

熱がこもりにくく優れた通気性とダニやホコリへの配慮も。使っていない時の収納性も高いです。

 

 

 

世界のトッププロスポーツ選手認定のクオリティ

エムリリ

 

デンマークの寝具ブランドが提案する高反発でも低反発でもない、絶妙な弾力性の優反発マットレス。

 

イングランドのプロサッカークラブ、マンチェスターユナイテッドの公式寝具パートナーに選ばれています。つまり体のコンディショニングが仕事の一流プロスポーツ選手が使っている寝具ということ。

 

腰痛対策のための寝返りをしっかりとサポートするコンセプトです。お使いの寝具の上に敷く5センチ、8センチ、ベッドフレームに置く11センチとお好みや目的によって厚さが選べます。

 

 

 

腰へ負担を大幅に軽減。イタリアの5つ星ホテル採用の実力

オクタスプリング

 

もし無重力のような寝心地のマットレスがあったら。そんなコンセプトのマットレスです。腰部分への負担が約76%減の実力。イタリアの5つ星ホテル、アルピナホテル全室で採用。

 

快適な睡眠に欠かせない弾力性と通気性。この二つを実現するハチの巣状の立体ウレタンスプリングを採用。縦や横、斜めからのあらゆる角度からの力に対応します。

 

ダニや菌も繁殖しにくい構造。

 

6万回の圧縮テストをクリアする耐久性。ふんわり包み込まれる心地よい眠りを長期間習慣に。

 

どんな寝室のシーンでも。上においても、直敷きでもどちらも使える利便性。

 

 

 

『布団と腰痛』に関わる色んな人の口コミ情報も随時集めています。ぜひご参考に。

 

低反発、高反発。自分に合ったものを。

 

柔らかすぎると腰痛を引き起こす原因になります。

 

逆に固すぎるのも良くないんですよね。

 

背中とかお尻など布団に強く当たる場所に圧力が集中します。

 

体圧を分散させることが大事なんですよね。

 

低反発は文字通り反発力は低く体が沈み込むような寝心地ですよね。

 

枕など一般的です。

 

柔らかいので体の圧力の跳ね返りによる痛みなどは生じにくいですが、腰痛には良くないといわれていますよね。

 

あと暑い季節には適さないかと。

 

高反発は弾力性のある化学素材をメーカー独自の形状で立体的に敷き詰めてあるのが一般的ですよね。

 

腰痛対策など体圧を分散することに着目して作られています。

 

こちらは通気性の良さもメリットとしてあります。

 

近年注目度が高いのは、高反発でしょうね。

 

ですが、寝心地や耐久性なども製品によって違いますし、自分に合う合わないもあるでしょうから、色々な情報を参考にして選びたいですね。


 

 

自然な寝返りが打てるように

 

朝起きた時に腰が痛いのは、寝返りが少ないことが原因としてあるそうです。

 

体の同じ個所に長時間負荷がかかること、血行が悪くなることなどが良くないみたいですね。

 

自然な寝返りが打てることに注意して寝具選びをしたいですね。

 

自然な寝返りが打てるマットレスをチョイスしたり、掛け布団を軽くするとか。


 

 

最近は高反発が多い?

 

腰痛に敷布団を見直し。

 

マットレスや敷きパッドなどにも色々あって迷います。

 

トゥルースリーパーとか有名ですよね。

 

こちらは低反発として知られています。

 

他は高反発マットレスが多いですね。エアウィーブとかカタログハウス、帝人、東洋紡…。

 

やっぱり高反発系で探すのがいいのかな…って思いますよね。


 

 

西川のエアー、マニフレックス、エアウィーブ…

 

ベッドではなくて床に布団を敷いているのなら。

 

西川のエアー、マニフレックス、エアウィーヴ辺りが人気が高いですね。

 

もちろん合う合わないなど個人的な印象の違いはあるでしょうけど、信頼性はあるかと。


 

 

朝起きた時、体中が痛い

 

寝起きの腰痛、というか体中が痛いです。

 

しばらくすると治まるのですが、起きた時は辛いです。

 

床の上に布団を敷いて寝ているのでやっぱりマットレスが必要なんでしょうね。


 

 

横向け寝がいい

 

横向き寝がおすすめです。

 

実は横の方が健康的にいいそうですね。


 

 

硬すぎても柔らかすぎても

 

フローリングや畳などの床に直接布団。

 

ふとんが薄く硬い場合も多いでしょうね。

 

クッション性が不足していれば、腰痛の原因になるでしょうね。

 

となればマットレスの必要性が出てきますが、そこで安易に柔らかすぎるマットレスを選ぶのも逆効果な場合も。。

 

高反発系のマットレスがいいのではないかと。


 

 

腰痛には高反発マットレス

 

やっぱり腰痛には高反発かと。

 

整骨院などの先生に聞いても柔らかい布団は良くないといわれますね。


 

 

タオルを活用した対策も

 

直に布団を敷いて寝ている人で腰痛にお悩みなら。

 

すぐにできる方法として、丸めたタオルを活用するのも。

 

自分の中で痛みが和らぎそうな場所を見つけて敷いてみては。

 

お尻の辺りとかに敷くと腰が浮かなくなるのでいいかもです。

 

椅子に座っている時とかでもそうですが、腰の部分が浮いていると腰痛を引き起こすので。


 

 

病院のベッド

 

病院のベッドって腰が痛くなりませんよね。


 

 

床に直接布団は腰痛になりやすい

 

腰痛や背中の痛み対策として色んなマットレスを探したりしている人って少なくないと思います。

 

ベッドではなくて床に直接布団を敷いて寝ている人は特に腰痛に注意したいですね。


 

 

トゥルースリーパー

 

トゥルースリーパーを愛用しています。

 

ヘルニア持ちですが、気に入っています。


 

 

布団以外の原因も

 

腰痛と布団やマットレス。

 

色々な意見がありますね。

 

柔らかい低反発が良いという方、固めの敷布団や高反発のマットレスが良いという人。

 

最近は高反発派の人が多いようですが。

 

でも腰痛の原因って布団だけではないですよね。

 

運動不足や腹筋の低下、日常生活での姿勢、そして内蔵の疾患なども…。

 

毎日のラジオ体操も根本的な改善策としてぜひ視野に入れたいです。

 

ある程度の期間、継続すると決めて続けたいです。


 

 

硬めのマットレス

 

畳とかカーペットとかの床に直接布団で寝ていると、やっぱり腰が痛くなります。

 

毎日寝ていると、敷布団自体もヘタって薄くなってきますし。

 

さらに固くなりますよね。

 

夜中に痛みで目が覚めたりも。

 

マットレスを導入したいです。

 

体の圧が分散されるので。

 

マットレスにも色々あります。

 

柔らかいタイプはこれもヘタるので注意したいですね。

 

固めのものがおすすめです。

 

長持ちしないと意味がないですしね。


 

 

ベッドをやめて、床に高反発マットレス

 

腰痛持ちです。

 

ベッドに寝ていましたけど、床に高反発マットレスをしいて寝ています。


 

 

メディカルコンフォート

 

低反発は腰に良くないという声があります。

 

メディカルコンフォートという高反発マットレスパッドがおすすめです。


 

 

予算は1万から2万円で価値のあるものを見つけたい。

 

腰痛を軽減する布団を探しています。

 

低反発、高反発と色々ありますね。

 

有名人が推薦していたりするサイトが見つかります。

 

フィギュアスケーター愛用とか。

 

口コミも吟味する必要があるでしょう。

 

お値段的には本当にいいものなら価値はあるでしょうね。

 

ですが実際自分が購入するとなるとやっぱり、予算は1万から2万円といったところですね。

 

それ以上となると試すことができないですよね。


 

 

硬い布団がいい人も

 

腰痛を感じる人やご年配の人ほど硬い布団で寝た方がいいという意見もあるようですね。

 

もちろん個人差はあるかと思いますが、柔らかい低反発で悪化する人もいらっしゃるようですね。


 

 

ある程度の厚さのある低反発がいい

 

ある程度の厚さのある低反発マットレスはぜひ一度お試しを。

 

12センチくらいの厚さがあるマットレスはやっぱり違いますね。

 

ネットでお探しになれば良いかと思います。


 

 

→ 床に布団で腰が痛いならこちらのマットレスを